フォトジェニックギターは本当におすすめ?評判やメリット・デメリットを徹底解説!

こんにちは。今回は、低価格で美しいデザインのギターとして人気のフォトジェニックギターについて、評判やメリット・デメリットを徹底解説します。

フォトジェニックギターは、有名メーカーのコピーモデルを多数取り揃えており、初心者や趣味の演奏には十分な性能を持っています。

しかし、品質や音質に関しては、ユーザーや専門家から賛否両論の意見があります。

そこで、フォトジェニックギターを購入する前に、ぜひチェックしておきたいポイントをまとめてみました。

フォトジェニックギターの魅力や問題点、そして購入時の注意点などを知って、あなたにぴったりのギターを見つけましょう!

スポンサーリンク
目次

フォトジェニックギターのメリット(評判)

引用元:楽天市場

フォトジェニックギターの最大のメリットは、そのコストパフォーマンスにあります。フォトジェニックギターは、一般的に1万円から3万円程度で購入できるので、予算に合わせて選ぶことができます 。

また、フォトジェニックギターは、見た目もかなり魅力的です。有名メーカーのコピーモデルとしても見劣りしないデザインやカラーバリエーションが豊富にあります 。

特に、レスポールやストラトキャスターなどの定番モデルは、本物そっくりに再現されています。

フォトジェニックギターは、初心者や趣味の演奏には十分な性能を持っています。弾きやすさや音の出しやすさにも優れており、練習やライブにも活用できます 。

フォトジェニックギターでギターの基本を身につけることができれば、将来的にはより高級なギターにも挑戦できるでしょう。

フォトジェニックギターのデメリット(評判)

引用元:Yahoo!ショッピング

フォトジェニックギターのデメリットは、その品質のばらつきや問題点にあります。

フォトジェニックギターは、低価格で製造されているため、部品や素材、組み立てや仕上げなどに不備や欠陥がある場合があります 。

特に、フォトジェニックギターのピックアップは、出力が弱いという声が多く聞かれます 。

ピックアップは、ギターの音を拾って増幅する部品で、音質や音色に大きな影響を与えます。

フォトジェニックギターのピックアップは、安価なものが使われているため、音が薄くなったり、ノイズが入ったりすることがあります 。

また、フォトジェニックギターのサウンドバランスも、不均衡な場合があります 。 

サウンドバランスとは、ギターの弦の太さや張力、ネックの角度や長さなどによって決まる、音の高さや強さのバランスのことです。

フォトジェニックギターのサウンドバランスが悪いと、音が歪んだり、音程がずれたりすることがあります 。

さらに、フォトジェニックギターのネックの安定性も、低い場合があります 。 

ネックの安定性とは、ギターのネックが温度や湿度などの環境変化に対して、どれだけ変形しないかということです。 

フォトジェニックギターのネックは、安価な木材が使われているため、環境変化に敏感に反応してしまい、音がずれやすくなります 。

最後に、フォトジェニックギターの仕上げの耐久性も、悪い場合があります 。

仕上げの耐久性とは、ギターの表面に塗られた塗料やコーティングが、どれだけ傷や汚れに強いかということです。

フォトジェニックギターの仕上げは、安価なものが使われているため、すぐに剥がれたり、色あせたりすることがあります 。

スポンサーリンク

フォトジェニックギターの購入時の注意点(評判)

引用元:Yahoo!ショッピング

フォトジェニックギターのメリットとデメリットを知った上で、フォトジェニックギターを購入する際には、以下の注意点を押さえておきましょう。

  • フォトジェニックギターを購入する際は、実際に試奏してみることが重要です 。フォトジェニックギターは、個体によって品質や音質が異なる場合があるので、自分の手に馴染むものや、自分の好みの音が出るものを選ぶことができます 。試奏する際は、ピックアップの切り替えやボリュームやトーンの調整なども行ってみて、音の変化やノイズの有無などを確認してください 。
  • フォトジェニックギターを購入した後は、定期的なネックの調整やメンテナンスを行うことで、ギターの寿命や性能を向上させることができます 。ネックの調整は、ギターのサウンドバランスや音程を正確にするために必要な作業です。ネックの調整は、自分で行うこともできますが、初心者の場合は、専門店に依頼することをおすすめします 。メンテナンスは、ギターの清掃や保湿、弦の交換などを行うことで、ギターの見た目や音質を保つために必要な作業です。メンテナンスは、定期的に自分で行うことができますが、注意深く行わないと、ギターに傷をつけたり、音が悪くなったりすることがあります 。
  • フォトジェニックギターをカスタマイズすることで、より自分好みのギターにすることができます 。フォトジェニックギターは、低価格であるため、部品を交換したり、塗装を変えたりすることで、オリジナルのギターに仕上げることができます 。特に、ピックアップの交換は、音質や音色を劇的に変えることができるので、おすすめです 。ピックアップの交換は、自分で行うこともできますが、電気的な知識や技術が必要なので、初心者の場合は、専門店に依頼することをおすすめします 。
スポンサーリンク

フォトジェニックギター評判まとめ

フォトジェニックギターは、低価格で美しいデザインのギターとして人気がありますが、品質や音質に関しては賛否両論の意見があります。

フォトジェニックギターを購入する際には、実際に試奏してみることや、定期的なネックの調整やメンテナンスを行うことが重要です。

また、フォトジェニックギターをカスタマイズすることで、より自分好みのギターにすることができます。

フォトジェニックギターは、初心者や趣味の演奏には十分な性能を持っていますが、より高いレベルの演奏には向いていないかもしれません。

フォトジェニックギターでギターの基本を身につけたら、次のステップとして、より高級なギターに挑戦してみるのもいいでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次