ゲンチャレで原付免許試験に合格できる?評価を徹底調査!

原付免許を取得したいと思っている人は多いと思いますが、試験に合格するのはなかなか大変です。

試験問題は一般常識だけでなく、引っかけ問題も多く出題されます。

そこで、原付免許試験問題チャレンジのサイト「ゲンチャレ」を利用する人もいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク
目次

ゲンチャレとは?

引用元:YouTube

ゲンチャレとは、日本二輪車普及安全協会が提供する無料のサービスです。ゲンチャレでは、実際の原付免許試験問題を完全シミュレートできます。

ゲンチャレを繰り返し行うことで、試験に慣れることができるというメリットがあります。

ゲンチャレだけで合格できるか?

しかし、ゲンチャレだけで原付免許に合格できるかというと、そうとも言えません。

実際の試験では、引っかけ問題が多く出題されることがあります。

引っかけ問題とは、言い回しや記述が意地悪なもので、正しい答えを選ぶのが難しいものです。

例えば、「原動機付自転車に乗る時には、ヘルメットを着用しなければならない」という問題です。この問題の正解は「×」ですが、「○」と思ってしまう人も多いでしょう。これは、「原動機付自転車」という言葉が引っかけになっています。

実際には、「原動機付自転車」ではなく、「原動機付自転車等」という表現が正しいのです。「等」という言葉があることで、原付バイクや小型特殊自動車も含まれることになります。そして、これらの乗り物に乗る時には、ヘルメットを着用しなければならないことになります。

このように、引っかけ問題は細かい言葉の違いやニュアンスに注意しなければなりません。

しかし、ゲンチャレでは、このような引っかけ問題があまり出てこないという声もあります。   

そのため、ゲンチャレだけでは不十分な知識になってしまう可能性があります。

スポンサーリンク

原付免許の合格率は?

原付免許の合格率は30〜40%と低く、1発で合格するためにはしっかりと勉強する必要があります。

ゲンチャレを繰り返し行うのもいいですが、ひっかけ問題に対策することも大切です。 

ひっかけ問題には傾向があるので、引っかけだけを集中してやっておくと試験の時にひらめきます。

スポンサーリンク

ゲンチャレ評価まとめ

ゲンチャレは原付免許試験に合格するための一つのツールですが、それだけに頼るのではなく、他の勉強法も併用することがおすすめです。

ゲンチャレで基礎知識を身につけたら、ひっかけ問題にも挑戦してみましょう。そうすれば、原付免許試験に合格する確率が高まります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次