【決定版】コナン名作映画の歴代興行収入ランキングをご紹介!

こんにちは! コナン映画は、毎年春に公開される日本を代表するアニメ映画シリーズの一つです。

コナン映画は、小学生探偵・江戸川コナンが、仲間たちや警察と協力して、さまざまな難事件を解決するスリリングで感動的な物語です。

コナン映画は、原作者の青山剛昌先生が監修や脚本に携わることもあり、原作ファンはもちろん、映画ファンにも大人気です。

スポンサーリンク
目次

コナン映画の歴史

引用元:読売テレビ

コナン映画は、1997年に第1作「時計じかけの摩天楼」が公開されて以来、2023年に第26作「黒鉄の魚影(サブマリン)」が公開されるまで、26作品が公開されています。

コナン映画は、毎年公開されるたびに、観客動員数や興行収入を更新してきました。

コナン映画は、日本のアニメ映画の中でもトップクラスの人気シリーズであり、累計興行収入は約1100億円に達しています。

コナン映画の歴代興行収入ランキング

引用元:アニマックス

では、コナン映画の歴代興行収入ランキングはどうなっているのでしょうか?2023年5月現在、コナン映画の歴代興行収入ランキングは以下の通りです。

順位タイトル興行収入(億円)公開年
1名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)138.32023
2名探偵コナン ハロウィンの花嫁97.82022
3名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)93.72019
4名探偵コナン ゼロの執行人91.82018
5名探偵コナン 緋色の弾丸76.52021
6名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)68.92017
7名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)63.32016
8名探偵コナン 業火の向日葵44.82015
9名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)41.02014
10名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)36.32013
スポンサーリンク

コナン映画の興行収入は?

引用元:X.com

コナン映画の興行収入は、第20作「純黒の悪夢」から第26作「黒鉄の魚影」までの7作品が60億円以上を記録しており、第22作「ゼロの執行人」と第23作「紺青の拳」は90億円以上を達成しています。

特に、第26作「黒鉄の魚影」は、コナン映画史上最高の興行収入を記録し、日本映画史上でも第3位の興行収入を記録しました。

コナン映画は、原作の人気や映画のクオリティだけでなく、コロナ禍での映画館の再開や、コナンファンの熱い支持も受けて、大ヒットを続けています。

コナン映画の興行収入は、第1作「時計じかけの摩天楼」から第19作「業火の向日葵」までの19作品で累計興行収入は約500億円、第20作「純黒の悪夢」から第26作「黒鉄の魚影」までの7作品で累計興行収入は約600億円となっており、後半の7作品の方が興行収入が高いことがわかります。

コナン映画は、原作の展開や映画の内容に合わせて、さまざまなキャラクターやテーマを取り入れています。

例えば、第22作「ゼロの執行人」では、コナンのライバルである安室透が主役となり、第23作「紺青の拳」では、コナンの恋人である毛利蘭が活躍しました。

また、第24作「ハロウィンの花嫁」では、ハロウィンをテーマにした初のコナン映画となりました。

コナン映画は、ファンの期待に応えるだけでなく、新たな魅力を発見させる映画として、高い評価を得ています。

コナン映画は、日本のアニメ映画の中でもトップクラスの人気シリーズであり、累計興行収入は約1100億円に達しています。

コナン映画は、小学生探偵・江戸川コナンが、仲間たちや警察と協力して、さまざまな難事件を解決するスリリングで感動的な物語です。

コナン映画は、原作者の青山剛昌先生が監修や脚本に携わることもあり、原作ファンはもちろん、映画ファンにも大人気です。

コナン映画は、毎年春に公開される日本を代表するアニメ映画シリーズの一つです。

スポンサーリンク

コナン映画名作ランキングまとめ

コナン映画の歴代興行収入ランキングをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

コナン映画は、これからも新たな事件や展開に挑戦し、ファンを楽しませてくれることでしょう。

コナン映画の最新作や過去の作品は、映画館やオンラインで観ることができます。コナン映画を観て、コナンの冒険に一緒に参加しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次