MVP争いを熱くする大谷翔平の「111」ペースとは?

スポンサーリンク
目次

前代未聞のパワー

引用元:中日新聞Web

今季、ドジャースの大谷翔平選手は、38試合で26本の長打を記録し、シーズンに換算すると

「111本ペース」

という驚異的な数字を叩き出しています。

ニューヨーク・ポストのジョン・ヘイマン氏は、大谷選手のこの前代未聞のパフォーマンスを

「ただただ見事だ」

と称賛しています。

中堅方向への圧倒的パワー

スポンサーリンク

特に注目されるのは、大谷選手の中堅方向へのパワーです。

スカウトたちは、彼のピッチングから離れたことが、このパワーの背景にある可能性を示唆しています。

MVP争いの現状

引用元:ベースボールチャンネル

打率.355、11本塁打、27打点、OPS1.103という数字を残している大谷選手ですが、MVPの座はまだ確定していません。

ムーキー・ベッツ選手も遊撃の守備で十分なプレーを見せ、打撃面でも大谷選手に引けを取らない成績を残しています。

※大谷翔平選手やドジャースの最新情報発信!ショウタイムズはコチラ

スポンサーリンク

大谷翔平111まとめ

二人の同僚によるハイレベルな争いは、今後どのように進展していくのでしょうか。

ファンとしては、その結果が待ち遠しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次