月間MVPは逃したけれど… 大谷翔平の驚異のバッティング成績を振り返る!

スポンサーリンク
目次

3、4月の活躍

メジャーリーグ機構(MLB)は3日、3、4月の月間MVPを発表しました。ナ・リーグではドジャースのムーキー・ベッツ内野手が栄誉を手にしましたが、大谷翔平投手は受賞を逃しました。

それでも大谷選手は32試合に出場し、打率.336、7本塁打、19打点という素晴らしい成績を残しました。

出塁率は.399、長打率は.618、OPSは1.017に達し、4月にはキャリアハイとなる8部門での成績を達成しました。

引用元:NHKニュース

ムーキー・ベッツの受賞

スポンサーリンク

受賞したベッツ選手は全試合で1番打者として出場し、打率.368、6本塁打、23打点という成績を残しました。

出塁率は.477、長打率は.624、OPSは1.101と、非常に高いレベルのパフォーマンスを見せました。

引用元:Full-Count

ア・リーグの選出選手

ア・リーグではオリオールズのガーナー・ヘンダーソン外野手が選出されました。

彼もまた素晴らしい成績を残しており、今後の活躍が期待されます。

※大谷翔平選手やドジャースの最新情報発信!ショウタイムズはコチラ

スポンサーリンク

大谷翔平月間MVP逃すまとめ

大谷翔平選手は月間MVPを逃しましたが、その実力と貢献は疑いようのないものでした。

今後も彼の活躍から目が離せません。

ベッツ選手、ヘンダーソン選手と共に、今シーズンのMLBはさらなる盛り上がりを見せることでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次