10年7億ドルの大谷翔平は価値があるのか? 米記者が議論するその条件とは何か

大リーグのドジャースは、今オフのフリーエージェント(FA)市場で最大の注目を集めていた大谷翔平投手を10年総額7億ドル(約1015億円)という巨額を投じて獲得した。

2020年以来の世界一を目指し、なりふり構わぬ補強に出る中、米メディアでは「この契約をどう正当化するか」が話題となっている。

米メディア「ジョムボーイ・メディア」のポッドキャスト番組「クリス・ローズ・ローテーション」で議論が交わされた。

米野球殿堂の投票権を持つ3人の記者と対した司会のクリス・ローズ氏が問いかけたのは「ショウヘイは契約の大きさを正当化するために複数回(ワールドシリーズ優勝)リングを獲得する必要があると思いますか?」についてだ。

この記事では、その議論の内容と見解をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク
目次

スラッサー記者:「リングはオオタニの責任ではない」

米カリフォルニア州地元紙「サンフランシスコ・クロニクル」のスーザン・スラッサー記者は「いいえ、それは彼の責任ではありません」と即答する。

「リングはオオタニ1人に課せられるものではありません。ドジャースは投資を正当化するために複数回リングを獲得する必要がありますが『オオタニが』ではありません」と続け、大谷が年俸の大半を後払いにするなど「チームのためにできるだけのことをしています」とした。

スラッサー記者は、大谷が投打両方で素晴らしいパフォーマンスを見せていることを認めつつも、優勝はチーム全体の貢献によるものであり、個人の成績だけでは測れないという立場をとっています。

彼女は、大谷がチームにとって有利な契約を結んだことで、ドジャースが他の選手にも投資できる余裕を作ったと評価しています。

引用元:Yahoo!ニュース

ニール記者:「アーニー・バンクスはいくつリングを持っている?」

ミネソタ州地元紙「スター・トリビューン」のラベル・ニール記者は、ローズ氏の「大谷が10年間リングなしだったら、人々は失敗契約だと見るかもしれません。

たとえ彼が複数回MVPを獲って、ハイレベルな投球を例えば5年間し続けたとしても…」という問いかけに、「(通算512本塁打、殿堂入り選手の)アーニー・バンクスはいくつリングを持っているでしょうか?」と反論した。

2016年の世界一が108年ぶりだったカブスでプレーしたバンクスは、一度も世界一になったことがない。

しかし、彼は19年間の現役生活で2度のMVPを含む数々の栄誉を受け、野球界の伝説となった。

ニール記者は、バンクスの例を挙げて、大谷の個人的な偉業は、優勝とは別の価値があると主張しています。

彼は、大事なのは彼の周りにどんなチームを作るかだと言っています。

スポンサーリンク

デビッドオフ氏:「10月にプレーしたことがない」

ニューヨークの地元紙で活動していたケビン・デビッドオフ氏は、ロドリゲスはポストシーズンでの不成績で、今も悪いイメージをファンに持たれていると指摘。

大谷についても「まだ10月(ポストシーズン)にプレーしたことがありません。

もし彼が10月にダメだったら、暗い影を落とすかもしれません」と、ポストシーズンへの進出可否とそこでのプレーがキャリアのイメージを決定づける可能性を指摘した。

デビッドオフ氏は、ロドリゲスと大谷を比較して、両者ともに10年契約を結んだことで、ファンやメディアの期待や圧力が高まると述べています。

彼は、ロドリゲスが2009年にワールドシリーズ優勝に貢献したことで、一時的にイメージを回復したが、その後のドーピング問題や故障などで再び批判されたことを挙げています。

彼は、大谷も同様に、ポストシーズンでのパフォーマンスが評価に影響すると考えています。

※おすすめ記事!【完全版】大谷翔平選手の学生時代!はコチラ

スポンサーリンク

大谷翔平価値米記者議論まとめ

大谷翔平の10年総額7億ドルの契約は、米メディアでも大きな話題となっています。

しかし、その契約を正当化するために、彼がどれだけの成績やタイトルを獲得する必要があるのかについては、様々な意見があります。

一部の記者は、優勝はチーム全体の責任であり、大谷の個人的な偉業はそれ自体で評価されるべきだと主張しています。

一方、別の記者は、ポストシーズンでのプレーがキャリアのイメージを左右すると指摘しています。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次