大谷翔平の敬遠数はドジャース移籍で減るのか?エンゼルス時代との比較!

こんにちは。大谷翔平選手は、2021年から2023年までの3年間でメジャーリーグ最多の55個の故意四球を受けました。

しかし、2024年にドジャースに移籍したことで、敬遠数は減少するのでしょうか?

この記事では、大谷選手の敬遠数の背景と、ドジャース移籍後の見通しについて解説します。

スポンサーリンク
目次

大谷翔平の敬遠数の背景

引用元:Yahoo!ニュース

大谷翔平選手は、エンゼルス時代に2度のMVPに輝き、投打の両方で圧倒的なパフォーマンスを見せました。

特に打撃では、2021年に46本塁打、2023年には44本塁打を放ち、リーグトップの長打力を誇りました。

しかし、その反面、敬遠されることも多くなりました。

敬遠される理由の一つは、大谷選手の後ろに打線が続かなかったことです。

エンゼルスの主砲であるマイク・トラウト選手は、近年は怪我がちで出場数が減少しました。

2021年には58試合、2023年には69試合しか出場できませんでした。

トラウト選手が離脱した7月以降の2023年だけで、大谷選手は17個の故意四球を受けました。

敬遠される理由のもう一つは、大谷選手の打撃が非常に危険だったことです。

大谷選手は、2021年から2023年までの3年間で、打率.302、出塁率.403、長打率.677、OPS 1.080という驚異的な成績を残しました。

また、敬遠された55個のうち、29個は一塁が空いている場面でした

つまり、相手チームは、大谷選手にホームランを打たれるよりも、四球を与えてランナーを出す方がマシだと判断したのです。

スポンサーリンク

大谷翔平の敬遠数の見通し

引用元:朝日新聞デジタル

2024年にドジャースに移籍した大谷選手は、敬遠数が減少する可能性が高いと言えます。

その理由は、ドジャースの打線がエンゼルスよりも強力であることです。

ドジャースには、元MVPのムーキー・ベッツ選手やフレディ・フリーマン選手をはじめとする強打者が揃っています。

大谷選手は、ベッツ選手とフリーマン選手に続く2番を打つ予定です。

これにより、大谷選手に敬遠すると、次の打者にも被害を与える可能性が高くなります。

故に、相手チームは、大谷選手に勝負を挑むことを余儀なくされるでしょう。

もちろん、大谷選手が敬遠されなくなるということは、必ずしも打撃成績が向上するということではありません。

相手チームは、大谷選手の弱点を狙って投球するでしょうし、大谷選手もその対策をしなければなりません。

しかし、少なくとも、大谷選手は、エンゼルス時代よりも多くの打席でバットを振る機会が得られるはずです。

それは、大谷選手にとっても、ファンにとっても、喜ばしいことです。

※大谷翔平選手やドジャースの最新情報発信!ショウタイムズはコチラ

スポンサーリンク

大谷翔平ドジャース移籍敬遠減るまとめ

大谷翔平選手は、エンゼルス時代にメジャーリーグ最多の55個の故意四球を受けました。

その背景には、トラウト選手の離脱や、大谷選手の圧倒的な打撃力がありました。

しかし、ドジャースに移籍したことで、敬遠数は減少する見込みです。

ドジャースの打線はエンゼルスよりも強力であり、大谷選手に敬遠すると、次の打者にも危険が及びます。

大谷選手は、ドジャースでさらなる活躍を見せることができるでしょうか?

今後の彼の動向に注目です。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次