大谷翔平選手の広告契約が示す、スポーツマーケティングの新時代!

スポンサーリンク
目次

広告界のタブーを超える大谷翔平

2024年4月2日、ロサンゼルス・ドジャースと全日本空輸(ANA)は、複数年にわたるパートナーシップ契約を結んだことを発表しました。

これにより、大谷翔平選手は、日本航空(JAL)との個人契約と合わせ、日本の二大航空会社との契約を持つことになります。

れは、従来の広告業界における「タブー」とされてきた重複契約を超越するものであり、大谷選手の圧倒的な人気と知名度が、従来の枠を破るほどの価値を生み出していることを示しています。

引用元:Yahoo!ニュース

ドジャース株の急上昇

スポンサーリンク

大谷選手のドジャース加入により、チームの価値は急上昇しました。

ANAとの新規スポンサー契約は、ドジャースタジアムの本塁後方やフェンスに広告を掲示するだけでなく、来年以降はアリゾナ州グレンデールのキャンプ地の球場内にも企業広告を展開する予定です。

広告代理店の関係者によると、この契約はドジャースが今年結んだ新規スポンサー契約の中で最も大きなものであり、複数年契約であることから、総額100億円クラスに達する可能性があると言われています。

引用元:WWD JAPAN

広告価値の急激な上昇

スポンサーリンク

大谷選手がエンゼルスに所属していた当時から、米球団との広告事業に携わる関係者は、ドジャース移籍を機に球場内の新規広告の単価が急激に上がっていると指摘しています。

今年、ドジャースと新規契約を結んだ日本企業の広告単価は、8億円から20億円まで高騰しており、大谷選手を筆頭に山本選手も加入したことで、ドジャー・スタジアムに出す広告は、日本の大手企業にとっても手が出しにくい金額になっています。

引用元:PR TIMES

広告業界の変革

従来、広告業界では、中継映像などに映し出される同一空間で業種が重複すると価値が半減するとされていましたが、大谷選手の加入により、そのような垣根も越える動きが見られます。

今後、ドジャー・スタジアムが日本企業の広告で埋め尽くされる日が来るかもしれません。

※大谷翔平選手やドジャースの最新情報発信!ショウタイムズはコチラ

スポンサーリンク

大谷翔平広告契約まとめ

この記事では、大谷翔平選手の広告契約がスポーツマーケティングに与える影響と、広告業界における新たな動きを解説したものです。

大谷選手の活躍が、スポーツ界だけでなくビジネスの世界にも新たな風を吹き込んでいることがわかります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次