なぜ私たちは大谷翔平が広告に出ている商品を買ってしまうのか?その影響力の秘密!

スポンサーリンク
目次

年間45億円のスポンサー収入

引用元:WBC

2023年3月、東京。約1400万人がマスクで顔を隠すこの都市に、日本で最も有名な顔が舞い降りた。

それは野球界のスーパースター、大谷翔平です。

第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で「侍ジャパン」の中心選手となり、大会MVPに輝いた大谷は日本中を熱狂の渦に包みました。

メディアは連日大谷の活躍を報じ、JR渋谷駅には大谷がパートナーシップ契約を結ぶニューバランスの巨大広告が登場。

地下鉄車内や駅構内でもJALやコーセーのCM映像がひっきりなしに流れます。

大手企業が大谷翔平を広告塔に使う理由

引用元:ディップ株式会社

大谷のスポンサー収入は驚異的です。

2023年の推定年収は約6500万ドル(約85億円)で、そのうち約3500万ドル(約45億円)がスポンサー料です。

大谷に次いで多いニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジのスポンサー収入は450万ドル(約6億円)で、大谷の収入は文字通り桁違いです。

多くの日本企業が大谷を広告塔に使う理由は、大谷が「日本市場での圧倒的なプレゼンス」を持っているからです。

ニューバランスのチーフ・マーケティング・オフィサー、クリス・デービスは

「日本での彼(大谷)は、まず第一に‘cultural icon’(文化的アイコン)であり、第二に野球選手なのだ」

と述べています。

大谷翔平がもたらす経済的リターン

引用元:スポニチ

大谷を起用した企業は、その投資に見合う経済的リターンを得ています。

たとえば、コーセーのスキンケアブランド「コスメデコルテ」は、大谷を起用した広告を展開した翌日、百貨店での新規購入数が通常の3.6倍、公式オンラインブティックでの販売個数が通常の約20倍に達しました。

これが「大谷効果」です。

スポンサーリンク

なぜ人々は「大谷翔平が広告に出ている」商品を買うのか

引用元:道新スポーツ

現代の高度に情報化された社会では、商品の「機能」だけで差別化することは難しく、商品が持つブランドイメージや物語性が消費者心理に大きく影響します。

消費者は、たとえ大谷が広告に登場しても製品の中身が変わらないことはわかっています。

それでも買うのは、大谷翔平というアイコンに付随するイメージ、あるいはメッセージ性に魅せられているからです。

大半の人は大谷と直接話したこともなければ会ったこともありませんが、テレビやインターネットを通じて「大谷翔平」のイメージを日々膨らませ、それを消費しています。

マスメディアは人々が期待する「大谷翔平」像を創出し、それに便乗した企業が人々の消費を煽るのです。

大谷翔平という文化的アイコン

引用元:スポーツ報知

大谷は単なるトップアスリートに留まらず、日本最高のセレブリティ、さらには日本という国の文化的アイコンとして、日本人の生活や消費行動にまで影響を与える存在となっています。

今後も大谷の影響力はますます大きくなり、多くの企業が彼を広告塔に起用することで経済的リターンを得ることが予想されます。

※大谷翔平選手やドジャースの最新情報発信!ショウタイムズはコチラ

スポンサーリンク

大谷翔平広告なぜまとめ

大谷翔平が広告に登場する商品を人々が買う理由は、その商品のブランドイメージや物語性が消費者心理に強く影響しているからです。

大谷は単なるスポーツ選手を超えた存在であり、日本の文化的アイコンとして、日本人の生活や消費行動に大きな影響を与え続けています。

大谷翔平の経済的影響力は計り知れず、今後もその影響力は増していくことでしょう。

企業が大谷を広告塔に起用する理由は明白であり、それによって得られる経済的リターンは非常に大きいのです。

このように、大谷翔平という存在が日本の経済や文化に与える影響について考えることは、非常に重要であると言えます。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次