挫折を力に変える!大谷翔平のメンタルコーチが語る前向き思考の秘訣とは?

こんにちは。大谷翔平選手は、元通訳・水原一平被告が自身の口座から不正送金を行ったことを認めた事件に直面しました。

しかし、彼は

「この事件に終止符を打ち、前に進む時期が来た」

と前向きな声明を発表し、驚異的なメンタルの強さを見せました。

このメンタルの強さの背景には、彼のメンタルコーチである西田一見さんの指導があるのです。

スポンサーリンク
目次

大谷選手の驚異的な切り替え能力

引用元:集英社

西田さんは、大谷選手が花巻東高時代からメンタル面で優れていたことを指摘します。

彼は、クリアリング能力(嫌なことを早く忘れる能力)とサイキックアップ能力(強気になる能力)が16歳の時点で既にプロ野球選手以上だったと語っています。

これにより、大谷選手は失敗を引きずらずに次のプレーに集中することができ、常に高いパフォーマンスを維持しています。

スポンサーリンク

大谷選手のケガとメンタルの強さ

引用元:女性自身

大谷選手は多くのケガに悩まされてきました。

高校2年生の時には骨端線損傷、大リーグに渡ってからは右ひじの手術など、幾度も困難に直面しました。

しかし、彼はこれらの困難をものともせず、瞬時に切り替えて前に進む能力を発揮しています。

これも西田さんのメンタル指導の賜物です。

スポンサーリンク

西田さんが教える“前向き思考”の作り方

引用元:中日新聞Web

西田さんは、メンタルの切り替え術として

「寝る前のプラスの声掛け」

を推奨しています。

脳は最後に起こったことを記憶するため、寝る前にマイナスのことを考えると、翌朝もマイナスの状態で始まります。

どんなに辛い日でも、寝る前には

「今日は頑張ったね」「大丈夫だよ」

と自分にプラスの声掛けをすることで、翌朝はプラスの状態で目覚めることができるとしています。

※大谷翔平選手やドジャースの最新情報発信!ショウタイムズはコチラ

スポンサーリンク

大谷翔平メンタルコーチまとめ

大谷選手のたぐいまれなメンタルの強さと切り替え能力は、私たちの日常生活でも応用できます。

彼が実践している“前向き思考”の作り方を取り入れることで、私たちも困難に立ち向かい、前向きに進むことができるのです。

ぜひ、西田さんの教えを参考にして、あなたも前向きなメンタルを育ててみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次