大谷翔平の1015億円契約はNPB年俸と比べてどれほど凄いのか?

大谷翔平選手がドジャースと結んだ10年総額7億ドル(約1015億円)の契約は、北米プロスポーツ史上最高額の契約となりました。

この驚異的な金額は、日本のプロ野球(NPB)と比較するとどれほどのものなのでしょうか?

この記事では、NPBの年俸データと大谷の契約を比較して、その異次元さを分析していきます。

スポンサーリンク
目次

NPB全球団の年俸総額は大谷1人で約3年分

日本選手会の2023年シーズンのデータによると、NPB全球団の支配下選手年俸総額は319億128万円でした。

これは、大谷1人で支配下全選手の年俸を約3年分賄える計算になります。

つまり、大谷がドジャースとの契約期間である10年間で稼ぐ金額は、NPB全球団が30年間で支払う年俸と同じということです。

もちろん、大谷の契約はその97%に当たる6億8000万ドル(約985億円)が後払いになっているため、ドジャースとの契約期間である10年間は年俸200万ドル(約3億円)でプレーすることになります。

しかし、年平均に換算すると、7000万ドル(約101億円)という莫大な金額になっています。

引用元:Yahoo!ニュース

NPB最高年俸の約33倍、最低年俸の約2500倍

では、NPBの個人年俸と比較するとどうなるでしょうか?NPBの2023年シーズンの最高年俸は、坂本勇人選手と村上宗隆選手の6億円でした。

これは、大谷の年平均年俸の約17倍に相当します。つまり、大谷が1年で稼ぐ金額は、坂本勇人選手と村上宗隆選手が約17年で稼ぐ金額と同じということです。

一方、NPBの2023年シーズンの最低年俸は、新人選手の440万円でした。

これは、大谷の年平均年俸の約2500倍に相当します。

つまり、大谷が1年で稼ぐ金額は、新人選手が2500年で稼ぐ金額と同じということです。

引用元:女性自身

NPB12球団の年俸総額の約3分の1

さらに、NPB12球団の年俸総額と比較するとどうなるでしょうか? 

NPB12球団の2023年シーズンの年俸総額は、ソフトバンクが最も高く39億8990万円、日本ハムが最も低く15億6680万円でした。

これらを大谷の年平均年俸と比較すると、ソフトバンクは約3分の1、日本ハムは約7分の1に相当します。

つまり、大谷が1年で稼ぐ金額は、ソフトバンクが3年で稼ぐ金額、日本ハムが7年で稼ぐ金額と同じということです。

※おすすめ記事!【完全版】大谷翔平選手の学生時代!はコチラ

スポンサーリンク

大谷翔平NPB年俸まとめ

以上のように、大谷翔平選手がドジャースと結んだ10年1015億円の契約は、NPBと比較すると次元が違うものであることが分かります。

大谷は、NPB全球団の年俸総額の約3年分、NPB最高年俸の約17倍、NPB最低年俸の約2500倍、NPB12球団の年俸総額の約3分の1を稼ぐことになります。

元ロッテ監督の井口資仁氏は「まるで国家予算」と表現するなど、各方面から驚きの声が上がりました。

海を渡って完成させた二刀流の価値が現れる契約となっています。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次