大谷翔平がオールMLB予想のDH部門で堂々トップに輝く!ドジャースからの新星の躍進

こんにちは。MLB公式サイトが2日(日本時間3日)に発表したシーズン終了後に選出される「オールMLB」チームの予想投票結果が、野球ファンの間で大きな話題を呼んでいます。

特に注目されるのは、DH部門(指名打者)で、ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手がファーストチームに予想されたことです。

大谷選手は29歳にして、過去3年間に2度(2021年、2023年)この栄誉を受けており、その実力と人気は折り紙付きです。

スポンサーリンク
目次

大谷翔平の輝かしい実績

大谷翔平選手は、昨シーズンアメリカン・リーグで最多となる44本塁打を記録し、さらに両リーグトップのOPS1.066をマークしました。

これらの驚異的な成績は、彼がただのパワーヒッターではなく、高い打撃技術を持つバッターであることを証明しています。

また、大谷選手は先発投手としても活躍し、二刀流のスーパースターとしての地位を不動のものにしています。

引用元:Yahoo!ニュース

ドジャースの根強い人気

オールMLBの予想では、ドジャースからは他にも一塁手のフリーマン選手、遊撃手のベッツ選手がファーストチームに選ばれ、捕手のスミス選手がセカンドチームに入りました。

この結果は、ドジャースがいかに才能あふれる選手たちで構成されているかを示しており、チーム全体の強さと人気の高さを物語っています。

引用元:Full-Count

予想されたオールMLBチーム

スポンサーリンク

ファーストチーム

  • 捕手: ラッチマン(オリオールズ)
  • 一塁手: フリーマン(ドジャース)
  • 二塁手: セミエン(レンジャーズ)
  • 三塁手: ライリー(ブレーブス)
  • 遊撃手: ベッツ(ドジャース)
  • 外野手: アクーニャ(ブレーブス)、ロドリゲス(マリナーズ)、ソト(ヤンキース)
  • 指名打者: 大谷(ドジャース)
  • 先発投手: ストライダー(ブレーブス)、バーンズ(オリオールズ)、ウィーラー(フィリーズ)、ロペス(ツインズ)、カービー(マリナーズ)
  • 救援投手: ディアス(メッツ)、ヘイダー(アストロズ)

セカンドチーム

  • 捕手: スミス(ドジャース)
  • 一塁手: ハーパー(フィリーズ)
  • 二塁手: アルテューベ(アストロズ)
  • 三塁手: ラミレス(ガーディアンズ)
  • 遊撃手: ウィット(ロイヤルズ)
  • 外野手: タティス(パドレス)、ジャッジ(ヤンキース)、キャロル(ダイヤモンドバックス)
  • 指名打者: アルバレス(アストロズ)
  • 先発投手: ウェブ(ジャイアンツ)、スクバル(タイガース)、カスティーヨ(マリナーズ)、ゲーレン(ダイヤモンドバックス)、フリード(ブレーブス)
  • 救援投手: ドバル(ジャイアンツ)、ムニョス(マリナーズ)

引用元:日テレニュース

ドジャースと大谷翔平の未来

スポンサーリンク

大谷翔平選手がドジャースと結んだ10年7億ドルの契約は、スポーツ選手史上最高額の契約として話題になりました。

この歴史的な契約は、彼の在籍するチームだけでなく、MLB全体にとっても大きな意味を持っています。

大谷選手はこれからもその才能を存分に発揮し、ファンに夢と希望を与え続けるでしょう。

MLBは3月31日、各地で試合を行い、ドジャースの大谷翔平選手(中央)はカージナルス戦に「2番・指名打者」で先発し、六回に右翼に二塁打を放った(2024年 ロイター/USA TODAY Sports)

引用元:ロイター

競合他者の評価

大谷選手のライバルとして予想されたアルバレス選手(アストロズ)についても触れておきましょう。

アルバレス選手は、23年に114試合の出場ながら、3年連続で30本塁打をマークしました。

彼の安定したパフォーマンスは高く評価され、セカンドチームの指名打者として選ばれるにふさわしい成績を残しています。

※大谷翔平選手やドジャースの最新情報発信!ショウタイムズはコチラ

スポンサーリンク

大谷翔平オールMLB予想トップまとめ

「オールMLB」チームの予想投票結果は、大谷翔平選手をはじめとする野球界のスター選手たちの現在の地位を反映しています。

ドジャースというチームがいかに優れた才能を抱えているかが明らかになり、今シーズンへの期待が高まっています。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次