大谷翔平のホームランを解析!得意とする球種と苦手な変化球とは?


こんにちは。ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手は、野球界のスーパースターとしてその才能を世界に示し続けています。

2018年から2023年にかけて、ロサンゼルス・エンゼルス時代に打ち立てた171本のホームランは、彼の驚異的なバッティングスキルの証です。

この記事では、大谷選手がどのような球種を得意とし、どの球種に苦戦するのかを、数字を基に深掘りしていきます。

スポンサーリンク
目次

大谷選手がホームランを打ちやすい球種

大谷選手は、特に右投手からの投球に対して強さを見せています。

彼が右投手からホームランを打った127本の内訳は、フォーシームが44本、シンカー(ツーシーム)が22本、チェンジアップが15本となっています。

特にシンカーに対するホームランのペースは7.5打数/本と非常に高く、彼の得意球種であることが数字からも明らかです。

一方、左投手からはスライダーを14本、フォーシームを10本、シンカーとカッターをそれぞれ7本のホームランで返しています。

左投手からも一定の成績を収めているものの、特に右投手からのシンカーに対する打率.388という数字は、彼のシンカー好きを裏付けるものです。

引用元:BASEBALL KING

大谷選手の打率が下がる球種

スポンサーリンク

大谷選手にとっての苦手な球種も存在します。

右投手からはナックル・カーブに53.0打数/本と苦戦しており、チェンジアップ(23.9打数/本)、スプリッター(20.5打数/本)も平均よりも低いペースでホームランを打っています。

左投手からは、チェンジアップに対して29.0打数/本、スウィーパーに40.0打数/本と、特に低いペースでホームランを記録しており、これらの球種は彼にとって挑戦的なものと言えるでしょう。

引用元:Yahoo!ニュース

投げ損なったスプリッターは大谷選手の餌食に

大谷選手は、特に投げ損なったスプリッターに対して高い確率でホームランを打っています。

この球種のホームランペースは4.5打数/本となっており、落ちきらないスプリッターを見逃さず、見事なホームランにつなげていることがわかります。

※大谷翔平選手やドジャースの最新情報発信!ショウタイムズはコチラ

スポンサーリンク

大谷翔平得意球種まとめ

大谷翔平選手は、特定の球種に対して圧倒的な力を見せつける一方で、苦手とする球種も存在します。

彼の打撃に関するデータを詳細に分析することで、彼の能力の深さと野球への理解を改めて認識することができます。

今後も彼がどのような球種を得意とし、どのように成長していくのか、ファンならずとも目が離せない存在です。

大谷翔平選手の今後の活躍に期待し、彼が新たな記録をどんどん更新していく様子を見守りたいと思います。

本記事が、大谷翔平選手のファンの方々にとって有益な情報源となり、彼の活躍をさらに楽しむ一助となれば幸いです。

今後も大谷翔平選手の輝かしい活躍に注目し、彼が野球界にどのような足跡を残していくのかを見守っていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次