大谷翔平のホームラン内訳と真相!なぜ得点圏での一発が少ないのか?

こんにちは。大谷翔平選手が5月14日(日本時間15日)に行われたジャイアンツ戦で放った特大の12号ソロホームラン。

無死からの一打で、右中間席上方の通路に届くほどの豪快な飛距離446フィート(約135.9メートル)。

これが今季8本目のソロホームランであり、大谷選手のホームランの内訳が改めて注目されています。

では、なぜ「ソロ谷」と呼ばれるほどソロホームランが多いのでしょうか。

スポンサーリンク
目次

1. 大谷翔平のホームラン内訳

引用元:Full-Count

今季の大谷選手は、12本のホームランのうちソロが8本、2ランが4本という内訳です。

ソロホームランの状況は、無死が4本、1死が3本、2死が1本。

一方、2ランは無死一塁が3本、2死一塁が1本となっています。

このデータからも、得点圏に走者がいる状況でのホームランが少ないことが分かります。

2. 「チャンスに弱い」の誤解

スポンサーリンク

得点圏に走者を置いてのホームランが0本であることから、「チャンスに弱い」との声もありますが、実際にはそうではありません。

大谷選手の得点圏打率は一時期1割を切っていましたが、現在では.239にまで上昇しています。

シーズン全体の打率.361と比べるとまだ低いものの、確実に向上しています。

3. 軽打での対応

引用元:NHKニュース

大谷選手が得点圏で本塁打が少ない理由の一つに、チャンスや追い込まれた場面での「軽打」があります。

外角低めのチェイスゾーンやシャドーゾーンでの打撃において、大谷選手は非凡な打撃センスを発揮しています。

昨季の打率.272、空振り率30.4%から、今季は打率.407、空振り率20.0%に改善されています。

これにより、得点圏でもヒットを狙った打撃が功を奏しているのです。

4. 相手バッテリーの対応

得点圏での大谷選手を迎える相手バッテリーは、外角中心の攻めを選択します。

これを無理に振らず、ミート重視の打撃に切り替えることで、得点圏に走者を置いての「本塁打ゼロ」の現象が生まれています。

※大谷翔平選手やドジャースの最新情報発信!ショウタイムズはコチラ

スポンサーリンク

大谷翔平得点圏一発少ないまとめ

昨年に続く本塁打王の期待がかかる中、今季は高打率もキープしており、首位打者への期待も急速に膨らんでいます。

豪打と軽打、このコンビネーションは相手投手にとって脅威でしかありません。

大谷選手の更なる活躍に期待しましょう。

大谷翔平選手の今季の成績は、単なる「チャンスに弱い」とは言えないデータが裏付けています。

彼の打撃センスと対応力は、今後もファンを魅了し続けることでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次