投手・大谷翔平の未来:復帰プランと米メディアの見解を徹底解説!

こんにちは。大谷翔平(Shohei Ohtani)は、現代野球界で唯一無二の二刀流スターとして、その存在感を示し続けています。

しかし、昨年9月に右肘靱帯の損傷による手術を受けた大谷は、投手として今季全休を予定しています。

この手術は2018年10月のトミー・ジョン手術に続く2度目の大手術であり、その負担は計り知れません。

スポンサーリンク
目次

大谷翔平の復活計画

引用元:Yahoo!ニュース

ドジャースの見解

ドジャースの首脳陣は、大谷の投手としての再起に自信を持っています。

現地時間5月15日にMLB公式メディア『MLB Network』のラジオ番組「SiriusXM」で、マーク・プライアー投手コーチは次のように語りました。

「とてもユニークなリハビリで、おそらく高校生や大学生以外では見たことがないものです。この4、5週間で投球プログラムも始めています。リハビリに励みながら60フィート(約18m)や70フィート(約21m)の間で50球を投げる日々を過ごしています。」

さらにプライアー投手コーチは、

「今は投球について深く話し合ってはいません。我々は彼の投球を見ており、ショウヘイは夏頃から進んでいきます。もっと本格的に遠投を始め、マウンドに近づき始めたら、投球に関する話し合いがもっと発展していくはずです。」

と続けました。

スポンサーリンク

米国内の報道と懐疑的な見解

一方で、米国内の一部メディアは大谷の投手復帰に懐疑的な見解を示しています。

全国紙『USA Today』のボブ・ナイチンゲール記者は、大谷が球団側からの要請があった場合に、投手復帰を断念し打者として選手生活を送ることを受け入れるつもりがあると報じました。

また、

「彼と近い関係者たちは『オオタニは打撃と同じレベルの情熱を投手には持っていない。単にできるからこそ二刀流をやっている』と語った」

とも述べています。

引用元:Full-Count

大谷翔平の実際の状況

実際には、大谷はすでにキャッチボールながら投球再開に向けた練習を重ねています。

ドジャースの首脳陣の言葉からも、大谷が

「投手に情熱を持っていない」

という一部の報道には懐疑的にならざるを得ません。

「投球面については、最終的にこの初期投球プログラムを開始するという以外は、まだ全てが未定です。プレーオフまでにマウンドに上がり、打者と対戦し始めてくれるといいですね。」

とプライアー投手コーチは述べています。

※大谷翔平選手やドジャースの最新情報発信!ショウタイムズはコチラ

スポンサーリンク

大谷翔平投手復帰プランまとめ

大谷翔平の復帰プランは進行中であり、今季中の本格的な投球再開を目指しています。

ドジャースの首脳陣は大谷の復活に自信を持ち、具体的なプランを立てています。

一方で、米国内の一部メディアは大谷の投手復帰に懐疑的な見解を示していますが、実際の練習状況や首脳陣の言葉からは、彼の投手復帰の可能性は十分にあると言えるでしょう。

大谷翔平の今後の動向に注目が集まります。

この記事を通じて、大谷翔平の復帰プランと投手復帰への道についての最新情報をお伝えしました。

彼の今後の活躍を期待しつつ、応援していきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次