大谷翔平と山本由伸!援護のおねだりと成績の謎?

スポンサーリンク
目次

ドジャースの大谷翔平:援護のおねだりに応えられず?

引用元:日テレNEWS

ドジャースのエース、山本由伸投手が4勝目を目指す中、チームメイトの大谷翔平選手は援護をおねだりされていました。

しかし、5月7日のマーリンズ戦では、大谷選手は2打数無安打に終わり、7試合ぶりのノーヒットとなりました。

山本投手の登板時、大谷選手の打率は通常よりも低下する傾向にあり、これまでの成績は以下の通りです。

  • 3月21日パドレス戦:5打数1安打1打点
  • 3月30日カージナルス戦:5打数1安打
  • 4月6日カブス戦:4打数2安打
  • 4月12日パドレス戦:5打数3安打1打点1本塁打
  • 4月19日メッツ戦:4打数1安打1打点
  • 4月25日ナショナルズ戦:4打数0安打
  • 5月1日ダイヤモンドバックス戦:出場なし
  • 5月7日マーリンズ戦:2打数0安打

山本投手が登板する試合では、大谷選手の打率は2割7分6厘となっており、通常の3割6分5厘から大きく下がっています。

この現象は偶然なのか、それとも何か心理的な要因があるのでしょうか。

山本由伸:ドジャースタジアムでの快挙

引用元:中日新聞Web

一方、山本投手はこの日、自己最長の8回を投げ、5安打2失点で見事4勝目を挙げました。

ドジャースは大量8点を奪い、マーリンズを8-2で下しました。

山本投手の勝利にはチームの援護が大きく貢献しており、特に大谷選手の援護が期待されていた中での結果となりました。

※大谷翔平選手やドジャースの最新情報発信!ショウタイムズはコチラ

スポンサーリンク

大谷翔平山本由伸援護おねだりまとめ

大谷翔平選手と山本由伸投手、二人の日本人選手がアメリカの野球界で活躍する姿は多くのファンにとって喜びであり、彼らの今後の活躍が期待されています。

しかし、山本投手の登板時に大谷選手の打撃が低迷するという現象は、ファンにとっては一種の謎となっています。

今後の試合で、この謎が解ける日が来ることを期待しています。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次