山本由伸、審判からグラブに“注意”受けるも問題なし!NIKEのロゴとMLBの規則とは?

スポンサーリンク
目次

試合の概要

引用元:中日新聞Web

2024年5月14日、サンフランシスコで行われたジャイアンツ対ドジャースの試合で、ドジャースの山本由伸投手が先発しました。

山本投手は5回2/3を投げて84球、5安打2四球4失点という成績で降板し、勝ち負けはつきませんでした。

グラブに関する審判の注意

スポンサーリンク

試合中、1回を終えた後に審判が山本投手のグラブをチェックしました。

問題となったのは、山本投手が使用していたNIKEのグラブの白いロゴ部分がMLBの規則に抵触する可能性があるかどうかでした。

しかし、審判は最終的に問題ないと判断しました。

山本投手も

「ロゴのこととか言っていたが、たぶん問題なくて」

と語っています。

ロバーツ監督のコメント

引用元:日刊スポーツ

ドジャースのロバーツ監督もこの件についてコメントし、

「審判が問題ないことを知らなかった」

と述べ、山本投手がその後も同じグラブを使用し続けたことを明らかにしました。

ルールと背景

MLBの規則では、投手が使用するグラブには特定の色やロゴの制限があります。

これにより、打者が投球を視認しやすくなるためです。

今回のケースでは、山本投手のグラブがこれらの規則に違反していないことが確認されました。

※大谷翔平選手やドジャースの最新情報発信!ショウタイムズはコチラ

スポンサーリンク

山本由伸グラブ注意まとめ

今回の件は、MLBの規則とその適用の複雑さを浮き彫りにしましたが、山本投手とドジャースのロバーツ監督の冷静な対応により、試合に大きな影響を与えることなく解決しました。

ファンや選手にとって、規則の理解と適用は重要であり、今後も注意が必要です。

この記事が、山本由伸選手の活躍とその背景にある規則についての理解を深める一助となれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次