大谷翔平の輝きが照らす新時代!ドジャースタジアムの広告市場と日本企業の戦略

スポンサーリンク
目次

大谷効果とは何か?

「大谷効果」とは、野球選手大谷翔平選手がもたらす経済的影響のことを指します。

彼の活躍により、彼が所属するチームの試合は高い視聴率を記録し、スタジアムには多くのファンが訪れます。

これにより、広告主にとっても魅力的なマーケティングの機会が生まれるのです。

引用元:BBC

エンゼルスからドジャースへ

スポンサーリンク

2023年までエンゼルスに所属していた大谷選手ですが、彼のドジャースへの移籍は、広告市場にも大きな変動をもたらしました。

エンゼル・スタジアムでは、彼が投手として登板する試合では、バックネット裏の広告が日本企業で占められることが多くありました。

これらの広告費は、1試合あたり約1億5000万~3億円とも言われています。

引用元:MSN

広告費の高騰

スポンサーリンク

しかし、ドジャースタジアムでは、広告費がエンゼル・スタジアムの3~4倍に跳ね上がると言われています。

これは、多くの日本企業にとって、手が出しにくい金額です。

実際に、2024年の開幕戦では、広告スペースは限られた数社に限定されていました。

引用元:フォートラベル

経済状況と広告戦略

日本経済の不況や円安の影響もあり、多くの企業が広告出稿を躊躇しています。

しかし、大谷選手の人気と影響力は依然として高く、彼の試合は多くの視聴者を引きつけるため、広告戦略において重要な要素となっています。

※大谷翔平選手やドジャースの最新情報発信!ショウタイムズはコチラ

スポンサーリンク

ドジャースタジアム広告日本企業まとめ

大谷選手の移籍は、スポーツ広告の世界において新たな動きを見せています。

日本企業は、高額な広告費にも関わらず、彼の影響力を活用したマーケティングを模索しているのです。

今後も大谷選手の活躍に注目が集まることでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (4件)

コメントする

目次