ドジャースのオーナーは誰?メジャーリーグ最高額の買収から10年!

こんにちは。今回は、メジャーリーグベースボールの名門チーム、ロサンゼルス・ドジャースのオーナーについてご紹介したいと思います。

ドジャースは、2012年に約20億ドル(約2兆2000億円)で買収されたことで話題になりましたが、その後も強豪チームとして君臨しています。

では、ドジャースのオーナーは誰なのでしょうか?その経歴や実績を追ってみましょう。

スポンサーリンク
目次

ドジャースのオーナー、グッゲンハイム・ベースボール・マネジメントとは?

引用元:ウィキペディア

ドジャースのオーナーは、グッゲンハイム・ベースボール・マネジメントという投資グループです。

このグループは、2012年にドジャースを買収しました。

この買収は、メジャーリーグ史上最高額のものでした。

グループの代表者は、スタン・カステンという元MLBコミッショナーで、チームの社長兼CEOを務めています。

グループのメンバーには、以下のような有名な人物が含まれています。

  • マーク・ウォルター:グループの筆頭オーナーで、グッゲンハイム・パートナーズのCEOです。グッゲンハイム・パートナーズは、世界的な資産運用会社で、約3000億ドル(約33兆円)の資産を管理しています。
  • マジック・ジョンソン:NBAのレジェンドで、ドジャースの顔として活動しています。ジョンソンは、ロサンゼルス・レイカーズで5回のNBAチャンピオンになり、バスケットボールの殿堂入りを果たしました。また、ビジネスマンとしても成功しており、映画館やレストランなどの事業を展開しています。
  • ピーター・グーバー:映画プロデューサーで、NBAのゴールデンステート・ウォリアーズやMLSのロサンゼルスFCのオーナーでもあります。グーバーは、『バットマン』や『レインマン』などのヒット作を手がけ、アカデミー賞やエミー賞などの受賞歴があります。
  • トッド・ボーリー:投資家で、MLBのロサンゼルス・ドジャースの共同オーナーを務めるほか、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーのオーナーでもあります。ボーリーは、2021年にチェルシーを買収し、チームの経営に参画しています。
スポンサーリンク

ドジャースの買収の背景と影響

ドジャースの買収は、チームの歴史において大きな転機となりました。

ドジャースは、2004年にフランク・マッコートによって買収されましたが、その後、マッコートの離婚問題や財政難などでチームは混乱しました。

2011年には、MLBがドジャースの経営を監督することになり、翌年には破産申請をしました。

このような状況の中で、グッゲンハイム・ベースボール・マネジメントは、ドジャースの買収に興味を示しました。

グループは、ドジャースのブランドやファンベース、ロサンゼルスという市場の価値を高く評価し、競合他社を抑えて落札しました。

ドジャースの買収は、チームにとって大きな変化をもたらしました。

グループは、チームの選手やスタッフの補強に積極的に投資し、チームの競争力を高めました。

また、ドジャー・スタジアムの改修や地元コミュニティとの連携など、チームのファンサービスにも力を入れました。

さらに、グループは、ドジャースの放映権を巡ってタイムワーナー・ケーブルと契約し、自前の専用チャンネルを立ち上げました。

これらの取り組みは、ドジャースの収益や評価を大幅に向上させました。

ドジャースの現在と未来

引用元:日刊スポーツ

ドジャースは、グッゲンハイム・ベースボール・マネジメントの下で、メジャーリーグのトップチームとして君臨しています。

ドジャースは、2013年から2020年まで8年連続で地区優勝し、2020年には32年ぶりのワールドシリーズ制覇を果たしました。

ドジャースは、マキシ・マンシー、クレイトン・カーショウ、コーリー・シーガー、コディ・ベリンジャー、ウォーカー・ビューラーなど、多くのスター選手を擁しています。

また、2020年には、ボストン・レッドソックスからMVP候補のムーキー・ベッツを獲得し、長期契約を結びました。

ドジャースは、今後も優勝候補として注目されています。

ドジャースのオーナーであるグッゲンハイム・ベースボール・マネジメントは、チームの経営に満足しているようです。

グループは、ドジャースの売却や分割などの計画はないと表明しています。

グループは、ドジャースの歴史や伝統を尊重しつつ、チームの発展に努めています。

グループは、ドジャースのファンにとって最高のオーナーと言えるでしょう。

※おすすめ記事!【完全版】大谷翔平選手の学生時代!はコチラ

スポンサーリンク

ドジャースオーナーまとめ

以上が、ロサンゼルス・ドジャースのオーナーについての紹介でした。

ドジャースのオーナーは、グッゲンハイム・ベースボール・マネジメントという投資グループです。

このグループは、2012年にドジャースを約20億ドル(約2兆2000億円)で買収しました。

グループのメンバーには、マーク・ウォルター、マジック・ジョンソン、ピーター・グーバー、トッド・ボーリーなど、有名な人物が含まれています。

グループは、ドジャースの選手やスタッフの補強、ドジャー・スタジアムの改修、自前の専用チャンネルの立ち上げなど、チームの経営に積極的に投資しました。

ドジャースは、グループの下で、メジャーリーグのトップチームとして君臨しています。

ドジャースは、2020年に32年ぶりのワールドシリーズ制覇を果たしました。

グループは、ドジャースの歴史や伝統を尊重しつつ、チームの発展に努めています。

グループは、ドジャースのファンにとって最高のオーナーと言えるでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次