【流石です!】2023年MLBルール変更したピッチタイマーに大谷翔平選手はどう対応したのか?

こんにちは。今回は、2023年シーズンから導入されたMLBの新ルール、ピッチタイマーについて、二刀流のスーパースター、大谷翔平選手がどのように対応し、どのような影響を受けたかについて、お話ししたいと思います。

スポンサーリンク
目次

ピッチタイマーとは?

引用元:日刊スポーツ

ピッチタイマーとは、投手がボールを受け取った瞬間からタイマーが作動し、走者なしの場合は15秒以内、走者ありの場合は20秒以内に投球動作に入らなければならないというルールです。

制限時間を超えると、自動的に1ボールが宣告されます。このルールは、試合時間の短縮と試合のペースアップを目的として、2023年シーズンから導入されました 。

ピッチタイマー大谷翔平選手の対応

大谷翔平選手は、二刀流の選手として、ピッチタイマーの影響を投手としても打者としても受けました。

投手としては、ピッチタイマーによって投球リズムや準備時間に制約がかかり、投球の質や精度に影響が出る可能性がありました。

打者としては、ピッチタイマーによって投手が早めに投げることで、打席での時間や集中力に影響が出る可能性がありました。

しかし、大谷翔平選手は、ピッチタイマーに対して積極的に対応し、影響を最小限に抑えることに成功しました。

投手としては、オフシーズンからブルペンでストップウォッチを使って投球間隔を測り、ピッチタイマーに慣れる練習を行いました 。

また、スプリングトレーニングでは、実物のピッチタイマーが導入されたことで、さらに新ルールへの対応が進みました。

打者としては、ピッチタイマーによって投手が早く投げることを想定し、打席でのタイミングや判断力を磨きました。

スポンサーリンク

大谷翔平選手の影響

大谷翔平選手は、2023年シーズンにおいて、ピッチタイマーの違反をほとんど起こさず、投打ともに素晴らしいパフォーマンスを見せました。

投手としては、23試合に登板し、10勝5敗、防御率3.14、奪三振167という成績を残しました。

打者としては、135試合に出場し、打率.304、本塁打44本、打点95、盗塁20という成績を残しました。

これらの活躍により、大谷翔平選手は、アメリカンリーグで日本人初のホームラン王のタイトルを獲得しました。

スポンサーリンク

大谷翔平ピッチタイマーまとめ

2023年MLBルール変更したピッチタイマーについて、大谷翔平選手の対応と影響について、ご紹介しました。

大谷翔平選手は、ピッチタイマーによる制約にも負けず、二刀流の可能性を広げることができました。

今後も、大谷翔平選手の活躍に注目していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次