大谷翔平選手と94年会のアスリートは何故すごいのか?徹底解説!

こんにちは。皆さんは大谷翔平選手をご存知ですか?もちろんご存知ですよね。彼は投手と打者の二刀流としてメジャーリーグで活躍している日本人選手です。

彼は1994年生まれで、同じ年に生まれたアスリートたちと「94年会」というグループを作っています。

このグループには、野球だけでなく、水泳やバスケットボールや柔道など、さまざまな競技のトップアスリートが参加しています 。

彼らはどのようにして94年会を結成したのでしょうか?そして、なぜ1994年生まれのアスリートたちは多岐に渡って活躍しているのでしょうか?

今回は、大谷翔平選手と94年会のすごさに迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク
目次

94年会とは何か?

引用元:中日新聞Web

94年会とは、1994年生まれのアスリートたちが集まって交流や活動をする会のことです。

94年会の発起人の一人とも言われている大谷翔平選手は、自分たちの世代を「羽生世代」と呼んでいます。

それは、フィギュアスケートの羽生結弦選手も1994年生まれであり、大谷翔平選手は昔から彼のファンだったからです。

大谷翔平選手は羽生結弦選手からメンタル面を学べると考えており、94年会に参加してくれることを強く望んでいます。

94年会には現在約30人のメンバーがいます。その中には、野球からは鈴木誠也選手や藤浪晋太郎選手がいます。

他の競技では、水泳の萩野公介選手や瀬戸大也選手、バスケットボールの渡邊雄太選手、柔道のベイカー茉秋選手、ラグビーの姫野和樹選手、サッカーの浅野拓磨選手や南野拓実選手、バドミントンの桃田賢斗選手や奥原希望選手、スピードスケートの高木美帆選手などがいます 。

これだけ見ても、94年会には日本を代表するアスリートがずらりと並んでいることがわかります。

94年会が行っている活動とは何か?

94年会はただ仲良くするだけではありません。彼らは東日本大震災の復興支援やスポーツ教室などを中心としてさまざまな活動をしています。

例えば、2019年には福島県で開催された「94年会チャリティーサッカー」では、サッカー以外の競技の選手も参加して、地元の子どもたちと一緒に楽しくプレーしました。

また、2020年には東京オリンピックの前に壮行会を開き、94年会のメンバーで会食することもありました。

大谷翔平選手は同年代のラグビー選手、姫野和樹選手にトレーニング方法などを熱心に質問していました。

94年会の活動は、メンバー同士の絆を深めるだけでなく、社会貢献や後進育成にもつながっています。

彼らは自分たちの経験や知識を共有し、お互いに切磋琢磨したり励ましあったりしています。

また、SNSを使ってファンや一般の人々ともコミュニケーションを取り、スポーツの魅力や楽しさを伝えています。

スポンサーリンク

なぜ1994年生まれのアスリートたちは多岐に渡って活躍しているのか?

94年会には多くの競技でトップレベルのアスリートがいますが、それは偶然ではありません。

1994年生まれのアスリートたちは、特別な環境や背景によって育まれたと言えます。その理由としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 小さい頃から海外で活躍する日本人選手の姿を見てきたこと
  • ゆとり教育の世代だったこと
  • SNSを使ってお互いに切磋琢磨したり励ましあったりしていること

まず、小さい頃から海外で活躍する日本人選手の姿を見てきたことが大きな影響を与えています。

1994年生まれのアスリートたちは、幼少期から野球のイチロー選手や松井秀喜選手、サッカーの中田英寿選手や中村俊輔選手、フィギュアスケートの荒川静香選手や安藤美姫選手など、世界で活躍する日本人選手をテレビや雑誌で見てきました。

彼らは自分たちと同じ日本人が海外で成功することが可能だということを知り、自分たちも海外で挑戦する夢を持つようになりました。

次に、ゆとり教育の世代だったことも重要な要因です。1994年生まれのアスリートたちは、小学校から高校までゆとり教育を受けました。

ゆとり教育は批判されることもありますが、その一方で自分で考える力や主体性や創造性を育む効果もありました。彼らは自分の興味や好奇心に従って学び、自分なりの目標や方法を見つけることができました。

また、ゆとり教育ではスポーツや芸術などの教科も重視されました。彼らは幅広い分野に触れることで、自分の才能や適性を発見することができました。

最後に、SNSを使ってお互いに切磋琢磨したり励ましあったりしていることも大きな力になっています。

1994年生まれのアスリートたちは、SNSの普及とともに成長しました。

彼らはSNSを使って自分の活動や思いを発信したり、他の選手の情報や感想を受け取ったりしています。

彼らはSNSを通じて94年会のメンバーともコンタクトを取り合い、お互いに応援したりアドバイスしたりしています。

SNSは彼らにとって、コミュニケーションの手段だけでなく、学びや成長のツールでもあります。

※おすすめ記事!【完全版】大谷翔平選手の学生時代!はコチラ

スポンサーリンク

大谷翔平94年会まとめ

今回は、大谷翔平選手と94年会のすごさに迫ってみました。

94年会は1994年生まれのアスリートたちが集まって交流や活動をする会であり、多くの競技でトップレベルのアスリートが参加しています。

彼らは小さい頃から海外で活躍する日本人選手の姿を見てきたことや、ゆとり教育の世代だったことや、SNSを使ってお互いに切磋琢磨したり励ましあったりしていることなどによって、多岐に渡って活躍しています。

彼らは自分たちの世代を「羽生世代」と呼び、フィギュアスケートの羽生結弦選手にも94年会に参加してほしいと願っています。

94年会は日本のスポーツ界に新しい風を吹き込んでいます。彼らは自分たちの競技だけでなく、他の競技や社会にも関心を持ち、積極的に行動しています。

彼らは自分たちの夢や目標に向かって努力し続けるだけでなく、他人や社会にも貢献しようとしています。彼らは日本だけでなく、世界でも注目されるアスリートです。

私は大谷翔平選手と94年会のメンバーから多くのことを学びました。彼らは私たちにスポーツの魅力や楽しさだけでなく、人生の教訓や価値観も教えてくれます。

私たちは彼らからインスピレーションを受けて、自分たちも夢や目標に向かって挑戦し続けることができます。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次