大谷翔平が達成した「クインティプル100」とは?ギネス世界記録に認定された二刀流の偉業を解説!

こんにちは。今回は、ドジャースの大谷翔平選手が2021年シーズン達成した2つの偉業について、詳しく解説していきたいと思います。

大谷選手は、投打二刀流として、メジャーリーグ史上初となる「クインティプル100」と、オールスターゲームでの史上初の二刀流出場を成し遂げ、ギネス世界記録に認定されました。

この記事では、それぞれの偉業がどのようなものなのか、どれだけ難しいのか、どのように評価されるべきなのか、についてお伝えします。

スポンサーリンク
目次

「クインティプル100」とは?

引用元:スポニチ

「クインティプル100」とは、

投手として100イニング、100奪三振をマークし、打者として100安打、100打点、100得点以上をマークした初の選手となったことを指します。

クインティプルとは、「5つの」「5倍の」「5重の」を意味する英語です。

この偉業は、投打ともに複数の部門で高いレベルのパフォーマンスを発揮したことを示しています。

大谷選手は、2021年シーズン、投手として23試合に登板し、9勝2敗、防御率3.18、156奪三振、イニング数130.1を記録しました。

打者としては、159試合に出場し、打率.257、46本塁打、103打点、103得点、26盗塁をマークしました。

このように、投打ともに圧倒的な数字を残し、チームの勝利に貢献しました。

この「クインティプル100」は、メジャーリーグの歴史上、誰も達成したことがない難易度の高い偉業です。

投手としての負担と打者としての練習を両立させることは、体力的にも精神的にも非常に困難です。

また、投手としての成績だけでなく、打者としてもリーグトップクラスの成績を残すことは、才能だけではなく、努力と技術の賜物です。

大谷選手は、自らの可能性に挑戦し続け、常識を覆すパフォーマンスを見せてくれました。

スポンサーリンク

オールスターゲームでの二刀流出場とは?

引用元:THE DIGEST

オールスターゲームでの二刀流出場とは、2021年7月13日(日本時間14日)に行われたオールスターゲームで、打者として「1番・DH」でスタメンに名を連ね、先発マウンドに上がる特別ルールが適用されたことを指します。

これは、オールスターゲームの歴史上、初めてのことでした。

オールスターゲームは、メジャーリーグの前半戦の成績に基づいて、ファンや選手、監督などの投票で選ばれた選手が、アメリカンリーグとナショナルリーグに分かれて対戦する試合です。

この試合は、メジャーリーグの最高峰の選手が集まる一大イベントであり、出場すること自体が名誉なことです。

大谷選手は、ファン投票で圧倒的な票数を獲得し、DHとしてア・リーグのスタメンに選ばれました。

しかし、それだけでは飽き足らず、投手としても出場することを希望しました。

通常は、DHと投手は別の選手が務めるため、投手として出場するとDHが消滅してしまいます。

しかし、大谷選手の二刀流を見たいという多くの人の声に応えるため、特別にDHが消滅しないルールが適用されました。

オールスターゲームでは、大谷選手は、打者として1番・DHで先頭打者として登場し、投手としては先発でマウンドに上がりました。

打者としては、初回に左中間への二塁打を放ち、得点に絡みました。

投手としては、1回を無失点に抑え、3奪三振を記録しました。

このように、オールスターゲームでの二刀流出場は、大谷選手の投打の才能を世界に見せつけることになりました。

オールスターゲームでの二刀流出場は、メジャーリーグの歴史上、初めてのことであり、ギネス世界記録に認定されるにふさわしい偉業です。

オールスターゲームは、メジャーリーグの最高峰の選手が集まる試合であり、その中で打者と投手の両方で活躍することは、非常に稀有なことです。

大谷選手は、オールスターゲームでの二刀流出場を通して、自らの二刀流の可能性を広げ、ファンやメディアの注目を集めました。

スポンサーリンク

大谷翔平のギネス記録に対する評価と今後の展望

引用元:Yahoo!ニュース

大谷翔平選手は、2021年シーズン、メジャーリーグ史上初となる「クインティプル100」と、オールスターゲームでの史上初の二刀流出場という2つの偉業を達成し、ギネス世界記録に認定されました。

これらの偉業は、大谷選手の投打二刀流としての圧倒的な才能と実力を証明するものであり、メジャーリーグの歴史に残る快挙と言えます。

大谷翔平選手のギネス記録に対する評価は、非常に高いものです。

メジャーリーグの関係者やファンは、大谷選手のパフォーマンスに感嘆し、称賛し、敬意を表しています。

大谷選手は、メジャーリーグの2021年シーズン最優秀選手(MVP)を受賞しました。

また、大谷選手は、日本だけでなく、世界中の野球ファンの心をつかみ、野球の人気や普及に貢献しています。

大谷翔平選手の今後の展望は、明るいものです。

大谷選手は、まだ29歳と若く、これからも投打二刀流としての成長を続けることができます。

大谷選手は、自らの目標や夢を持ち、常に挑戦し続ける姿勢を示しています。

大谷選手は、今後もメジャーリーグでの活躍を続けるとともに、日本代表としての活躍も期待されています。

大谷選手は、野球界のスーパースターとして、これからも世界を驚かせることでしょう。

※大谷翔平選手やドジャースの最新情報発信!ショウタイムズはコチラ

スポンサーリンク

大谷翔平ギネスまとめ

この記事では、大谷翔平選手が2021年シーズン達成した2つの偉業について、詳しく解説しました。

大谷選手は、投打二刀流として、メジャーリーグ史上初となる「クインティプル100」と、オールスターゲームでの史上初の二刀流出場を成し遂げ、ギネス世界記録に認定されました。

これらの偉業は、大谷選手の圧倒的な才能と実力を証明するものであり、メジャーリーグの歴史に残る快挙と言えます。

大谷選手のギネス記録に対する評価は、非常に高く、MVPを獲得しました。

大谷選手の今後の展望は、明るく、これからも投打二刀流としての成長と活躍が期待されています。

この記事が、あなたの知識や興味の向上に役立てば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次